はっきんについて・・・


NY白金のチャートを見てみて


陰線は11本に更新

安値は前日の下ひげ

取組高はピークから1万枚減

…買い玉の解消がみられる

三段抜きは陰転10手目

RSI14日は26,76%

乖離率18日線は-5.25%


かなり下げ過ぎの領域

と、週足は10週間の対等数値

931ドルがポイントか?



では東京白金は?


9月4日のピークから14日目

介在は2本

取組高は減少しているが…

買い玉の解消というより、買い建ても入ってる様子

22日現在のカテゴリー別を見ると売りが減って買いが増加

昨夜間の安値更新と25日の値動きでロスカットや新規売りが増えるか

それともさらに買いが増えるか見てみたいところ

三段抜きは上げで10手・陰転5手目

RSI14日は33.0%

乖離率18日線は-3.4%


う~ん下げ過ぎ?



NY白金を見る限り下げ止まる可能性が高まってきましたが、

対して東京は?乖離率に関してはかなりの下げ過ぎだが、

下げ止まっても上昇に転じれるか疑問

日本人の取組方は逆張りで、安い時に取組増加・高値で減少ですが、下げ続けている中でも減少中・・・?

現在の残が55000枚あることから

安値因果+高値因果が期近限月にもかなり残っていると考えられる



これらを鑑みると、NYが反発するときは円高であまり上がらないかも


ここからのイメージは、

2~3週間の往来相場と想定して突っ込み買い戻れば売りという感じでしょうか?





いいね!思たら 👉
        にほんブログ村

          

       

      こあみ庵 質問・相談箱フォーム

        ブログに書けない「ここだけの話」もあり〼

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こあみ庵 質問・相談箱
こあみ庵 質問・相談箱フォーム
プロフィール

相場処 こあみ庵店主

Author:相場処 こあみ庵店主
相場処 ”こあみ庵”です。
蕎麦処と違います。

ほんまは都うどんが好きやねん

組織+コミッションで外務員歴30うん年。
テクニカルに加えて、内部要因や投資家心理に伴う”味”を、それなりの経験を活かして紹介したいと思います。

取ってなんぼの相場の世界。
そのためには、始末が肝要。
・・・お役に立てれば幸いです。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
重要事項
商品先物取引は相場の変動により損失が生ずるおそれがあります。また実際の取引金額は委託者証拠金額のおおむね10倍から70倍という著しく大きい金額のため、損失額が預託している委託者証拠金の額を上回ることがあります。 当ブログは私の個人的な相場観を記載しており、内容は正確であるように最善を尽くしておりますが一切の責任を負うものではありません。また記載内容は情報提供を目的としたものであり、売買のご判断はご自身でお願い致します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる